タンジェとモントリオールを行き来する中で書かれた『Windows in the Sky』は、仲違いしていた献身的な信仰者である父親が、長年に渡る癌との闘病の末に亡くなったことを受けて、感情的に孤独を感じていた脆い精神状態の中で制作されました。フォスターは、不信仰、悲しみ、孤独の本質を見つめながら、嘆きによる混乱の中に希望に満ちた方向性を見つけようとしています。

レディオヘッド、スワンズ、モグワイやニック・ケイヴの音楽同様、AHFの繊細かつ嵐のような音楽的旅路は、アートロック、シューゲイザー、ノイズ、サイケデリックとクラウトロックの要素が混ざり、そこに親密さを表した声によって詩の朗読がブレンドされています。全8曲から成る、まるで映画のような航海は、消えゆく響きに意味を見出そうとする歪んだ声が、自己保存的な偽りの欠片を滲み出し、過去から現在にかけての痛々しいイメージを抑え、苦しみを避けるために繋がっていた歪んだ物語から自由になるために、生き続けようと戦う陰った亡霊の反射に見る、偽物の眺めにしがみつくさまを象徴しています。

フォスターは初のソロプロジェクトを、瞑想的で内省的なランドスケープであると説明しています。無意味さ、脆さや混乱する心が、人生の失敗に対しての悩みや、人を失ったことへの困惑、そして自分の存在にもいつか終わりが来ることへの現実を受け入れようとしながらも咲き続ける後悔の念など、自分本来の精神性について率直に問いかけをしています。

“何年も僕は、安全で隠れやすいバンドのダイナミックなコンテキストの中で個人的で深い感情と繋がりたいと探ってきたんだ。そうすれば、本物の色をさらけ出さなくても良いし、個人的な意味合いを引き受けなくても良いから。距離を置いた叫びと湧き上がるノイズという分厚いカーテンの後ろに、シンプルに隠れることができる。けれど僕の父親が亡くなってから、のちに『Windows in the Sky』となる作品に取り掛かり始め、恐れでできたそのカーテンを破らない限り、自分の中にある鮮やかな感情のどれをも解放することはできないし、光の中に立つという本来なら嬉しいはずの葛藤からも自由になれないと認めたんだ…だから今まで隠してきた感情を正直に受け入れることで、憂鬱な魂が解放できると思った…少しずつね…まさにそうやって、このアルバムは出来上がっていったんだ”

2018年初頭にUpper Room Studio(プロフェッショナルなレコーディング施設にリフォームしたYour Favorite Enemies所有の旧カトリック教会)でレコーディングを行ったフォスターは、曲のアレンジの最終段階に他のバンドメンバーを招いて、セルフプロデュースを締めくくりました。

Windows in the Sky

デラックス・コレクター・ボックスセット

¥11,999

Windows in the Sky

ダブルLP盤

¥4,999

MP3バージョンとデジタルブックレットは注文後すぐにダウンロード可能です。